Global Athlete PROJECT

【サポート選手情報】聴覚障害者アスリート高田裕士選手へ「Rosetta Stone®」による語学習得サポートを開始


世界に挑戦するアスリートを語学面でサポートする「Global Athlete Project(グローバル・アスリート・プロジェクト)」は、このたび新たに2008年台北デフリンピック(聴覚障害者オリンピック)の陸上競技日本代表の高田裕士選手に対して外国語トレーニングソフト「Rosetta Stone®」による語学習得サポートを開始しました。
 
 
 

名前:高田裕士(たかだゆうじ)
生年月日:1984年11月3日生(27歳)
障害:先天性聴覚障害(聾)
競技:陸上競技
種目:400mH(日本記録),400m(日本歴代2位),4x400mR(アジア記録)

 

【高田裕士選手のコメント】

7月15日-21日にカナダで開催された世界ろう者陸上競技選手権大会で、決勝進出をかけた400m準決勝の直前にスタート方法が変更となりました。出場選手の中でもっとも聴力が悪い自分にとっては、完全に不利なスタート方法でしたが、レース直前ということもあり、英語による十分な抗議もできず、言われるがままにスタートするしかありませんでした。幸いにも、4x400mリレーでアジア勢史上初の銅メダルを獲得することができましたが、個人種目の400mでは準決勝敗退と、残念な結果に終わりました。こうした経験から、日本代表選手として、海外の選手やコーチ、そして審判と十分なコミュニケーションを取れるよう、語学力を高めていくことの必要性を強く感じました。そして、語学力を高めることが、国際大会においても国内大会と同様に自分の能力を最大限に発揮できる環境を作ることにつながるのではないかと考えています。また、海外諸国に比べ、日本ではデフリンピックをはじめとする、聴覚障害者スポーツはマイナーです。他国の選手と交流する中で、他国の良い部分や日本にはないものを日本に持ち帰り、聴覚障害者スポーツの普及活動の際に活かしていけたらと思います。
場所や時間を問わず、語学勉強が可能なロゼッタストーンを活用することで、英語に対するストレスや精神的な壁を取り除き、国際大会や海外遠征をこれまで以上に有意義なものにし、自分自身の世界を広げていきたいと思います。応援よろしくお願い致します。