Global Athlete PROJECT

英語×サッカー教室の様子を公開いたしました


グローバルアスリートプロジェクトでは、世界に通用するアスリートを応援する活動の一環として、
未来のトップアスリート達の語学取得サポートとスポーツ強化をミックスしたイベントを、港区スポーツふれあい健康財団様と一緒に開催しました。

 

実施概要

日時:2011年8月23、24、26日
参加者:計18名(小学生6名、中学生12名)
場所:港区芝給水所運動場
講師:今矢直城

講師プロフィール:

両親の仕事の関係で、10歳でオーストラリアに移住。
19歳でプロサッカー選手となり、日本人としては初めて豪1部リーグやスイス1部リーグでプレー。
その後、NZ、ドイツなどで10年間プロサッカー選手としてプレー。
現在は、英語とサッカーが同時に学べるサッカースクール(TOC)を主催し、早稲田ユナイテッドの監督も務める。

3日間のイベントで、1日目はピッチ上で普通のサッカー教室を実施し、ピッチでの練習終了後、教室に移動し、ピッチ上で行なった練習内容を英語で復習。

2日目は同じ練習内容を日本語と英語ミックスし、また教室に移動して英語の復習。
3日目は同じ練習内容を英語だけで指導し、教室に移動し英語の復習。

と、徐々に英語のハードルを上げていく内容を実施しました。

 

参加した子供達からは、

■海外でサッカーしたくなった。
■もっと英会話をレベルアップする方法を知りたい。
■定期的にこういったイベントを開催してほしい。

などの声があがっていました。

 

3日間で子供達が教わった英語のフレーズ(一部抜粋)

■one ball each.(1人ボール一つ持って)
■one ball between two.(2人で一つボール持って)
■control with the left.(左足でボールをコントロール)
■pass with the right.(右足でパス)
■concentrate on your first touch.(ファーストタッチに集中)
■look around(周りを見る)
■Lets juggle the ball.(リフティングしよう)
■into the space.(スペースに入れ)

などなど、ピッチ上で使う英語のフレーズを教わりました。

 

今後はこういったイベントをもっともっと増やして行き、
いずれは定期的に開催できるようにしていきたいと思っています。