Global Athlete PROJECT

【サポート選手情報】サッカー日本代表 伊野波雅彦選手へ「Rosetta Stone®」による語学習得サポートを開始


世界に挑戦するアスリートを語学面でサポートする「Global Athlete Project(グローバル・アスリート・プロジェクト)」(公式サイト http://GlobalAthlete.jp/) は、このたび、新たにサッカー日本代表/プルヴァHNL(クロアチア一部リーグ) HNKハイデュク・スプリト所属の伊野波雅彦選手に対して、外国語トレーニングソフト「Rosetta Stone®」(英語版)による語学習得サポートを開始しました。

 

 

 

今夏の海外移籍後、常時出場機会を得てレギュラーに定着しつつある伊野波選手は、中学時代に二度の海外留学経験があり、大学時代にFIFAワールドユース選手権(現・FIFA U-20ワールドカップ)出場、プロ入り後も日本代表として活躍する中で語学の必要性を実感していました。今夏、クロアチア移籍に伴い英語を習得中です。

 

そんな伊野波選手からメッセージが届いておりますのでお知らせいたします。

 

伊野波選手のコメント


Q:初めての海外挑戦となる今シーズン、意気込みを教えてください。


A:今シーズン、夢の舞台での挑戦なのでとにかくがむしゃらにやりたいです。チームとしてはもちろん、個人としての結果も追求していきたいです。

 

Q:クロアチアでプレーしている中で感じたことはありますか。


A:初めてクロアチアでプレーしてやはり身体の違い、当たりの強さを感じました。ただみんなから聞いていたことだし、それなりの準備もしてきたのですぐに順応できました。試合でも使ってもらっているので、しっかり勝って優勝に貢献したいです。

 

Q:語学の重要性は、以前から感じられていたのですか。


A:語学については、小さい頃からのサッカー留学経験もあり重要性を分かっていました。世界基準でサッカーをするにはコミュニケーションは必要不可欠ですからね。 しかしこうして海外に渡るまで準備できていなかったのが現実です。クロアチアで少しずつ、現場でのコミュニケーションと連動させながらスタディしていきたいと思います。

 

Q:「Global Athlete Project」の語学習得サポートを受けるにあたっての想いを聞かせてください。


A:今回サポートの機会をいただいて感謝しています。どこの国へ行っても遜色なくプレーできるようにしっかり学ばせてもらいたいと思います。また、これからチャレンジする選手の見本になれればとも思います。