Global Athlete PROJECT

【サポート選手情報】Amnat Poly United (タイ)に所属する小野寺 智泰選手へ語学習得サポートを開始!


世界に挑戦するアスリートを語学面でサポートする「Global Athlete Project(グローバル・アスリート・プロジェクト)」は、このたび新たにAmnat Poly United (タイ)に所属する小野寺 智泰選手に対して語学習得サポートを開始しました。

 

【小野寺 智泰】

小野寺智泰

 

タイdivision2 ベスト11
タイdivision2  ゴールランキング3位

今年タイ滞在3年目 25歳の小野寺智泰です。僕の夢は昔からプロサッカー選手でしたが、特に抜きん出た能力はなく、高校までは選抜等はもってのほかで全国大会など夢のまた夢でした
大学はサッカーで有名な福岡大学に進学するも、1度もトップチームの試合に出場をすることなく卒業を迎えました。しかし、僕は夢を諦める事が出来ず、在学中に1ヶ月単身タイへ渡り、プロテストを受けにいきました。
 
周りからは『無理だ』と言われていましたが、これは僕の人生。僕の人生は僕が決める。最後まで自分だけは自分を信じてあげようと思い、プロサッカー選 手という夢を掴みました。周りの話に耳を傾ける事は大切ですが、やはり大切なのは自分の想いだと思います。自分が決めた決断はすべて自分に責任がありますから後悔はしませんが、人に決められた人生は、上手くいかなくなったとき必ず人のせいにすると思います。どちらがいいかは人それぞれですけどね。
 
海外に出てみると、言いたくても言えないストレス。言っている事がわからないストレスがたくさんありました。喋れない自分にイライラし、わからないから喋らない。喋らないから英語も覚えない。という悪循環がありました。DMM英会話ではたくさんの先生がいて、自分に合う先生を見つける事もできますし、自分のレベルにあったレ ッスンを受ける事が出来ます。
 
こんな偉そうな事を言っている僕ですが、僕は全くといっていいほど英語に自信がありませんでした。あえて、自信がない。と書かせてもらいましたが、そもそも『英語ができない』ということはあり得ないですね。勉強をしないと喋れるようになるわけがないのです。それにしても笑いが出るくらい僕の英語力はゼロに近かったですね
 
また、『勉強の仕方』を僕は知りませんでした。これは多くの方が共感してくれると思います。僕自身も、『英語は難しい』『なにがわからないか、わからない』と英語というものに拒否反応がでていましたし、間違えるのが恥ずかしい。スラスラ喋 れない。という理由で英語の授業も身に入らず。
しかし、私たちが毎日喋る日本語でさえ詰まる時もあれば、言葉が出てこない時があるのに、なぜ英語になると『完璧』を求めてしまうのか。人間の良くないところだと思います。また、自信があるから喋れるようになるのか。喋れるようになるから自信がつくのか。どちらが最初かわかりませんが、僕はまず『英語に触れる』というところから始めました。間違ってもいい。詰まっても、ゆっくりでもいい。日常生活の会話に点数をつけられる事もなければ、失格もありません。もっと気楽に英語というもとを捉えていいと思います。そうなると、工夫も出てきます。僕はDMMで習った英単語や英文 をポストイットに書き、部屋に貼ったりと、どんどん日常生活に英語を取り入れました。
 
そういった意味でも本当に毎日DMM英会話を利用させてもらってて、今では流暢かわかりませんが、外国人を目の前にしても物怖じしなく、会話が出来る自信はあります。それは、単に英語力が上がっただけでなく、前にはなかった『自信』がついたからです。
 
大切なのは『才能』ではなくそれに対する『情熱』ではないでしょうか。
 
小野寺智泰2
 
 
小野寺 智泰
オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/tomohiroonodera0809/
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/TOMO-fan-club-832889236760416/?fref=ts