Global Athlete PROJECT

楽しみながら学ぶのが1番?幼児英語教育にはホビングリッシュが効果的!


 

デジタル化とグローバル化が急速に進展したこれからの時代を生きる子どもたちには、これまでの日本人には必要なかった様々な能力が求められます。その最もたる例が、「世界の舞台で通用する真の英語力」です。

本物の英語力を身につけるには、やはり幼少期の英語教育が欠かせません。しかし一口に幼児英語教育と言っても、世の中には数え切れないほどのスクールや学習法が溢れていて、「どれが子どもに一番いいんだろう……?」と迷ってしまいますよね。

そこで今回は、今幼児英語教育の世界で話題となっている「ホビングリッシュ」という教育メソッドについてご紹介します。

今話題の「ホビングリッシュ」って?

子どもの英会話力を育てるのにとても効果的だと今話題になっている「ホビングリッシュ」って、皆さんは聞いたことがありますか?

ホビングリッシュとは「ホビー」と「イングリッシュ」を掛け合わせた造語で、趣味と英語を同時に学ぶメソッドのことです。

ホビングリッシュでは、自分の趣味に関することを、英語を使いながら学んでいきます。つまり、英語「を」ひたすら学んでいく従来型のメソッドとは違い、英語「で」自分の好きなことを習得していくのがホビングリッシュなのです。

前に書いたCLILとも考え方は一緒ですね。

今話題のCLIL(クリル)とは?今までとは違う新しい幼児英語教育!

 

英語の習得に必須な「やる気」と「継続性」をホビングリッシュで維持

英語をしっかり習得して本物の英語力を身につけるためにいちばん大切なのは、モチベーションをキープしながら、継続して英語に触れることだと言えるでしょう。

やる気が出なければ、いくら勉強してもなかなか英語が使えるようにはなりませんし、当然継続的に英語学習をしていかなければ、学んだ知識は定着しません。

ホビングリッシュは、幼児英語教育の成功の鍵となるこの「やる気」と「継続性」の2点を維持していくのに、まさにぴったりの教育メソッド。

自分の好きなことや興味のあることが英会話の題材なら、自然と英語を使うモチベーションは上がりますし、飽きっぽいお子さんでも長く続けることができます。

実は「英語だけ」を学ぶよりも効果的!?

そしてホビングリッシュには、さらなる大きなメリットが存在します。実は、趣味と英語を同時に習得するホビングリッシュのほうが、英語だけをただ学ぶよりも高い学習効果が得られると言われているのです。

「英語だけに集中したほうが英語習得には効果的なんじゃないの?」とつい思ってしまいますが、英語と自分の好きなことを有機的に組み合わせたほうが子どもたちの脳が活発に働いて、かえって英語習得の効率やスピードが上がるのだとか。

そのため特に海外では、幼児英語教育の新定番メソッドとして大きな注目を浴びています。

グローバルアスリート英語サッカースクールで楽しく自然に英会話!

グローバルアスリート英語サッカースクールでも、何回かホビングリッシュについての取材を受けていますが、取材に来るライターさんも驚くことが子どもたちの英語への積極的な姿勢。間違いを恐れずに外国人の先生に英語で体当たりをしていく姿や、完璧に言葉を理解していなくても自信を持って身振り手振りでコミュニケーションを取ろうとする姿が多く見られます。

スクールに通うあるお母さまから、子どもが道で外国の人が落し物をした時に、なんの躊躇もせずに落し物を渡しに行った姿に驚かされたという話もあるんですよ。

子どもたちがサッカーをしながら英語を楽しく使っているので、「勉強」という感覚なく、自然な形でリスニングやスピーキングなどを伸ばしていけるのが特徴です。
過去受けた取材記事もぜひチェックしてみてくださいね。

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」掲載

http://globalathlete.jp/gap-blog/6069

AERA with Kids掲載!

http://globalathlete.jp/gap-blog/6059

 

グローバルアスリート英語サッカースクールのHPをチェックしてみてくださいね。