Global Athlete Project Official Blog

Global Athlete Project Official Blog
1

【インターン生ブログ】子どもの教育現場で学んだこと


初めまして、グローバルアスリートプロジェクト(GA)インターン生のヨシです。 僕は成蹊大学4年生で去年の4月からGAでインターンをしています。 今日はインターンを通して変わったところ、出来ない事を出来るようにするためにしてきた事を隠さず正直に話していきたいと思います。

インターンを始めた頃

実地面談として入った初めてのスクールでは僕自身何もできませんでした。 緊張して英語話せないし、声も出ない、笑顔も引きつってるし、 子ども達と上手くコミュニケーション取れない。そもそも何をしたらいいのか分からないという状態でした。スクールが終わった後には社員さんからアドバイスを沢山頂きましたが 頭の中で整理できない。そんな状態から僕のGAでのインターン生活は始まりました。

2回目のスクールでも全く改善されず、スクールが終わった後に社員さんから怒られました。 当然落ち込みましたが、なぜかそれが心地良くもありました。 親以外でここまで言ってくれる人は今までいなかったからです。 この先どうなるか分からないけれど、絶対にGAでインターンを続ける! と心に誓いました。

改善すべき点は多くありましたが、一番に直すべきところは「声」だと 思い、とにかく「声」を出すこと。それを徹底的に意識してスクールに入ることにしました。 また、スクール前に社員さんと今日の目標を設定してそれを達成できるようにスクールに 入っていました。スクールを重ねて声が出るようになってきたら、声以外の部分(子ども達との遊 び方、リアクションなど)を良くしていこうと努力しました。それでも一番最初に直した「声」を 出すことは絶対に疎かにしないように気をつけました。

とはいえ、この頃の僕は全く余裕はありませんでした。親御さまたちに どのように思われているんだろうか。子ども達に嫌われてるかもしれない。とスクール中に考えてしまい集中できないこともありました。さらに誰でもインターンできる訳ではなく、インターンをしたいのに出来ない人もいます。レベルアップしないとインターンができなくなるかもしれないという危機感が常にありました。大学の帰りの電車の中でも「明日はインターンか。前回の反省 を生かせるだろうか。」と考えていました。特に不安なときは子ども達の名前をチェックし、注意点をノートやパソコンに箇条書きにしてまとめたものを見るようにしていました。例えば、全員の子どもの名前を呼んで あげる、目線は子どもに必ず合わせる、笑いを必ず取る、などです。最初の4ヶ月間、僕を支えてい たのは”根拠のない自信”だけでした。

インターンを続けることで学んだこと

そうした積み重ねもあって、子ども達もだんだん「ヨシ先生、ヨシ先生」と呼んでくれるように なり、ようやく少し余裕が出てきました。社員さんからのアドバイスもだんだん細かくなっていき自分のレベルが上がってきたと実感できるようになりました。

夏休みが終わる頃からは一気に伸びて、毎回少しずつ出る課題点を次のスクールで直すという繰り返しを行っていました。 そして、11月のあるスクールでどういうわけか何かが吹っ切れて「ブレイクスルー」のような経験をし、それ以降毎週GAでのインターンが楽しみでしょうがなくなりました。社員さんからは「ヨシがいると助かる、ヨシがいなかったら厳しい、ヨシがいるのといないのとでは全然違う」と言ってもらえるようになりました。今では親御さまとも雑談したり、相談されたりするようになりまし た。

インターンの経験を経て、GA以外での人間関係もものすごく変わりました。初対面の人でもすぐに仲良くなれたり、人見知 りをしなくなったりしました。

どうしてここまで変わったのは正直なところ僕自身良くわかっていませんが、 ここまで徹底してきたことはまず自分を信じること。常に「できる!できる!」と心に 言い聞かせてました。このことを他人にいうと「自信過剰な奴だな」とバカにされることもありましたが、ブレずに貫いてきました。次に、真似をすること。とにかく人の真似をします。その まんま、丸パクリです。例えば、社員さんに子どもとハイタッチする寸前で手を引っ込めると子どもは 笑ってくれるよと教えてもらったら次のスクールでそのまま実践してみる。 最後にわからないことがあればその都度ちゃんと聞くこと。僕も最初は恥ずかしくてできませんでしたが、正直にいえばちゃんと教えてくれます。キャンプのミーティングでは分かっていてもミー ティングに参加するためにわざと聞いたこともありました。今ではむしろ質問攻めにするくらい が丁度いいと思っています。

これらのことは本来、重要なことだと思います。「なんか真似するのってダサい、カッコ悪い」 とプライドが邪魔して素直になれない人が多いと思います。分からないことを聞くことも同じで、 恥ずかしい、プライドが高いなどの理由で相手に聞けない。単純なことですが、最も大切なこと です。

貴重な学生生活をどう過ごすかは自分次第

今、貴重な大学生活をなんとなく過ごしている人が多いと感じています。 時間がある人は長期インターンシップに挑戦してみて下さい。 もちろん厳しいことも言われます。でもそれを乗り切れば成長できます。 人生が変わります。未来が変わります。

最後に僕が大好きな映画「Back To The Future」で辛い時に自分に言い聞かせているドクの名言 を。

“Your future hasn’t been written yet. No one’s has. Your future is whatever you make it.”

自分の未来は自分で決める!!

 

スポーツを通じて英語を学ぶ英語サッカースクール
http://globalathlete.jp/english-soccer/
■月島校:毎週月曜日(中央区月島4丁目付近)
■船橋校:毎週月曜日(ゼットフットサルスポルト vivit南船橋)
■信濃町校:毎週月曜日(神宮外苑信濃町フットサルコート)
■広尾校:毎週火曜日(渋谷区広尾4丁目周辺)
■白金高輪校:毎週火曜日(港区三田4丁目付近)
■市川校:毎週火曜日(銀座deフットサル市川コルトンスタジアム)
■勝どき校:毎週水曜日(中央区晴海3丁目付近)
■横浜元町校:毎週水曜日(キャプテン翼スタジアム横浜元町)
■朝霞校:毎週水曜日(FUTSAL POINT朝霞台)
■蒲田校:毎週水曜日(簡野育英会ふぞくアフタースクール内)
■清澄白河校:毎週木曜日(フットスクエア江東・森下)
■川崎校:毎週木曜日(富士通スタジアム川崎)
■国分寺校:毎週木曜日(フットサルパライーゾ国分寺)
■勝どき豊洲校:毎週木曜日(勝どき駅周辺)
■信濃町校:毎週金曜日(神宮外苑信濃町フットサルコート)
■浦安校:毎週金曜日(スポーツコミュニティ市川浦安)
■町田・相模原校:毎週金曜日(フィフティクラブフィールド相模原)
■多摩センター校:毎週金曜日(フットサルステージ多摩)
スポーツを通じて英語を学ぶ英語キッズチアスクール
http://globalathlete.jp/english-kidscheer/
■勝どき校:毎週月曜日(Studio Ones)
■自由が丘校:毎週火曜日(サンスタジオ)
英語キッズチアスクールは6/3自由が丘にて1校目新規開校!!


インターン、大学生、英語、サッカー、子ども、教育、学生

gap staff • 2018-05-31


Previous Post

Next Post

Comments

  1. 柳 明希 2018-06-01 - 10:17 AM Reply

    ヨシ先生様

    お世話になっております。
    市川校のひゅうごの母です。
    ブログを拝見しました。
    ストレートで伝わりやすかったです。

    キャンプ前の待ち時間に公園で遊んでいただいた記憶は息子にも根強く残っています。子供と遊ぶ時は思いっきり遊び大人も子供に戻り楽しむのが一番だと私は思います。遊んであげる感覚ではなく一緒に遊び楽しむ❗
    ヨシ先生はまさにその通りでしたので息子の記憶にも楽しい想い出として残っています。
    まだまだ色んな経験をされ楽しく輝かしい未来を担う子供にとって良い経験になりました。
    ありがとうございました。
    海外に行っても自分自身を信じて前進してくださいね。
    息子共々、応援しています。
    またお逢いできる日までお元気で。
    Good luck(^-^)

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *