八橋健一オフィシャルブログ

八橋健一オフィシャルブログ

Libya リビヤ


「フットボールは生きるか死ぬかよりも大事だ」と言う人もいる。
 
さて、自分は、戦争地帯のリビアに来た。
 
Libya1
 
正直言えば、リビアに行くのは怖かった。フットボールどころの話じゃない、生きるか死ぬかになってしまう、と思った。
普通の人たちが、普通の生活をしようとしている。街で小さな子供連れの家族を見かけた。カフェでおしゃべりを楽しんでいる人たちを見た。そして自分たちと一緒に写真を撮りに来た人たちがいた。彼らは自分たちと何も違わない。
自分は戦争を止められない。でも、フットボールの試合をしに来ることは出来る。
ここの人々が作り出しているエネルギーを理解するには、ここにいなければわからない。言ってしまえば、戦争地帯で一秒一秒生きようとしていなければ、本当に生きているとは感じられないかもしれない。
優しい心をありがとう。招待してくれてありがとう。そして素晴らしい時間をありがとう。また来るよ。
 
—–

People say football is more than life or death.

 
Well, I came to Libya where a country is in war zone.
 
To be honest, I was scared to travel to Libya; it would be more than just playing football; it would be matter of life or death, that is what I thought.
 
Ordinary people there is trying to live ordinary lives.  We saw little kids walking with families on the street, we saw people at cafe enjoying conversations, and we saw people came to take photos with us.  They are no different than us.
 
I can’t stop the wars, but I can come here to play a football match.
 
You have to be here to understand kind of energy they are producing.  In a way, you don’t feel alive unless you are in war zone trying to live each and every seconds.
 
Thank you for your kindness, thank you for your invitation, and thank you for great time.  We shall come back here again.
 
Libya
 
 
 
 

kenichi yatsuhashi • 2015-12-19


Previous Post

Next Post