内田昂輔オフィシャルブログ

内田昂輔オフィシャルブログ

ラオス


こんにちは。

またまた久々の更新になってしまいました。

リーグ戦残り2.5試合となりました。

.5って?

ということになると思いますが、この間の試合がハーフタイムに豪雨&雷で中断し、そのまま延期になってしまいました。

なので、残り2.5試合が9月にあります。(そして現在、代表活動の為、リーグ中断中です。)

少しの休みがあったので、タイとラオスに行ってきました。

ラオスは、先日アタプーという地域でダムが決壊、たくさんの死者、行方不明者が出ました。

僕が住んでいた首都ヴィエンチャンからは遠く離れた場所ですが、そちらの地域に家族や友人がいる友達もいます。

ランサン時代に一緒にプレーした友達に話を聞くと、彼の叔母さん含め、親戚数名も行方不明だと言っていました。

そして、彼が数日後に支援物資を持ってそちらに向かうとのことだったので、少しですが僕からもお願いさせてもらいました。

支援物資について調べていると、

・たくさんの支援物資が届けられる

・本当に必要なところには届かない

・物資があまりすぎて、後々それを戻すのにお金がかかる

・必要なのはお金

等といろんな情報が出ています。

何が自分に出来て、何をするのがいいのか正直迷いました。

ラオスに住む日本人の方に相談もして、実際にその友達が必要なところに届けてくれるなら、それが今すぐ出来ることかなと自分もお願いしました。

物資を集めている時にも、アタプーに持っていくものだと知ると店の人が「これもこれも、持ってけ」といろいろとくれました。ラオス人の優しさ、助け合い精神もすごく感じました。

ヴィエンチャンで話を聞くまで知らなかったですが、アタプーだけでなく、他の多くの地域でも大雨による洪水被害が出ているようです。

そして、皆言うのはアタプーのダム決壊は人災だと。

4日前からダムに問題があり、決壊することがわかっていたのに助けられなかった、、ということ。

外国から来ているダム関係の労働者たちは皆すぐに避難完了しているのに、現地のラオス人だけ残っていた、、と。

なぜ助けなかったのか、、
そこまでひどいことになるとは予測していなかった、、
避難したくても避難出来なかった(経済的に)

といろんな意見も聞きました。

なんとか出来たのかもしれないと思うと複雑な気持ちです。

この時期、雨季でとても雨が多いので、これ以上多くの被害が出ないこと、被災された方々の笑顔が早く戻ることを祈り、自分もたくさんお世話になったラオスに何が出来るか考えます。

では。


kosuke uchida • 2018-08-05


Previous Post

Next Post