Global Athlete Project Official Blog

Global Athlete Project Official Blog

見守る大切さを知る-子ども成長ストーリー


英語サッカースクール、英語キッズチアスクール市川校に通う兄妹。2人とも英語に触れることが初めてな上、場所見知り、人見知りからまったくレッスンには入れなかったそう。そんな二人の成長ストーリーが、なんとも心ほっこりする話で、親御さまの話を聞きながら嬉しい気持ちになりました。

異学年に揉まれて、初めて知った負けず嫌いの感情

—お兄ちゃんが先に英語サッカースクールに通い始めたそうですね。どんな様子でしたか?

息子が6歳の時です。
英語サッカースクールの体験に来た時に、初めて聞く英語に圧倒されてしまったようで、レッスンにまったくは入れませんでした。最初モジモジしている息子を見て、リュウ先生が優しくサポートしてくださり2ヶ月目くらいからレッスンに入れるようになったのです。楽しく通い始めてしばらくすると、クラス替えで、上のクラスに上がることになりました。

うちの息子は4月生まれで、保育園でも他の子どもたちに比べて大きく、なんでもできる手のかからない良い子として扱われていました。そんな息子が、年上のお兄ちゃんに「ゆうごがいると負けるからな」と試合のチーム分けの時に言われたようなのです。今までどちらかというと優等生でクラスのリーダーとして扱われてきた息子にとって、初めての経験。この一言がとっても悔しかったようで、負けず嫌いスイッチが入ったとでも言うのでしょうか。そこからサッカーの自主練を始め、サッカーへの熱とやる気が入ったようです。

週1回の習い事が父と息子のコミュニケーションの時間

そこからレッスン後も夫と練習をしてから帰ってくるほど。異学年の子どもたちに囲まれたおかげでいいケミストリーが生まれました。今ではサッカーの日は夫も仕事を休みにし、息子の英語サッカーの送迎と練習までして帰ってきています。私が見れなくなってしまったのは残念なのですが、父親と息子の貴重な時間となっているんではないかと思っています。

—お父さんとの関係ステキですね。その後、妹さんがチアに興味を持ち始めたのですか?

娘が3歳の頃、いとこの習い事の発表会を見に行ったとき、可愛いから私もチアダンスをやってみたいと、チアダンススクール探しを始めました。そしたら、英語サッカースクールの姉妹校に英語キッズチアスクールがあることを知り、息子の成長を間近で見れたことで、先生たちに対しての信頼ができていました。ここのスクールだったら、英語キッズチアスクールでもいい先生に違いないと。
体験会に行くことにしました。

そして、娘も息子と同じく。まったくレッスンには入れなかったのです。苦笑
3歳になっていたのですが、娘は息子と反対で早生まれ。同じ3歳の子と比べると小さく、できないことも多かったのです。お兄ちゃんも付き添って来てくれ、自分の経験から娘のサポートに入ったり、ポンポンを持って来てくれたり。リノ先生にはめっちゃいい先生だね。なんて褒められるくらい、息子は妹の気持ちに寄り添い手取り足取りバックアップをしてくれていました。少しずつ慣れ始めたのですが、やっぱり私の元を離れず、みんなと一緒にはできず…

タイミングを間違えたかしら?タイミングが違うだけで娘にとってできないものになってしまうのは嫌だな。1回お休みをさせて、もう少し大きくなってから入れ直そうかな。っと考えていたちょうど矢先、レッスンに向かう道のりで「今日は1人で全部できるから」と娘が宣言したのです。

「え?嘘でしょ」と半信半疑だったのですが、なんとその日全部レッスンをやったのです。本当に本当にびっくりしたのですが、後から「どうして全部レッスンやったの?」と聞いてみると「新しい子が入ったから、私が教えなきゃダメでしょ?!」と言うのです。コロナで私も全部のレッスンを見学できていなかったので話を聞いてみると、先に入っていたお姉ちゃんたちが娘の手を引いてレッスンをやってくれたり、一緒に踊ってくれたり、サポートをしてくれていたようなのです。娘はそれを覚えていて、やってもらったことは次の子にやってあげなきゃ。っと感じていたようなのです。

私は子どもたちに「困っている人がいたら助けてあげる優しい子」になってほしいと思っていました。この話を聞いた時に、もうすでにできているじゃないの!!! と思うととっても嬉しく、子どもってどこで成長するのかわからないということを学びました。親が見守り、口出ししたり手出ししたりせず我慢することが大切なんですよね。

今ではレッスンのゲームやジャンプを考えたり、youtubeでダンスを見たり。どっぷり英語キッズチアにはまっています。笑
リノ先生も娘の笑顔を引き出すのが上手で、強制的にやらせるわけでもなく、乗せ上手。毎週、英語キッズチアスクールに行くのが本当に楽しいようで、この笑顔を見るとあの時に我慢してよかったなっと思っています。

—とっても素敵。お母さまが子育てで意識していることはありますか?

私は子どもに対して、完璧にしないようにしようと心がけています。息子が学校の準備をしている時も、口出しせず見守るだけ。忘れ物も今しかできないし、忘れ物しないと気づかないものもあるでしょう。っと親が色々口を出したくなるのを我慢し自分でやらせています。結局は自分で考えないと何も成長しませんからね。そして子どもの好きなことやりたいことは、なんでもやらせてあげられるように親も柔軟に対応していこうと思っています。

スポーツを通じて英語を学ぶ英語サッカースクールhttps://globalathlete.jp/english-soccer/

スポーツを通じて英語を学ぶ英語キッズチアスクールhttps://globalathlete.jp/english-kidscheer/


子ども成長ストーリー子供の成長子供成長ストーリー

gap staff • 2021-08-20


Previous Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *