Global Athlete Project Official Blog

Global Athlete Project Official Blog

英語キッズチアスクール自由が丘校-子ども成長ストーリー


幼稚園児にとってこの1年1年すべてが大切な時。どんな大人と出会うかで、子どもの成長に大きな変化が出ますよね。先日自由が丘に1年通う幼稚園生の女の子のお母さまから、英語キッズチアスクールに通うようになって感じた子どもの変化で、とってもステキな話を伺ったのでシェアしたいと思います。

以下自由が丘校に通うお母さまインタビュー

↓↓↓

短所は個性。個性は長所。個性を尊重してくれた先生に感謝

うちの娘は良く言ったら個性的、悪く言うとみんなと同じことができず環境や状況に適合できない子で、幼稚園の先生からは直さなければならない課題点ばかりを報告されていました。習い事にもたくさん見学に行きましたが、新しい環境に対応できず娘が泣いてしまったり、萎縮している姿を見ていると、習い事も無理なのかな。と親としても不安になる日々を過ごしていました。

どうしたらいいものか?と悩んでいた時に英語キッズチアスクールが自由が丘にできると知り、体験会に来てみたら本人が生き生きとしていて、最初から英語で喋る先生と同じテンションで楽しそうに踊っていたのです。他の習い事では見せたことのないような笑顔で楽しんでいる姿に驚き、その日に入ることに決めました。

ここの英語キッズチアスクールに入って気付かされることは、子どもを一般的な大人の枠で「普通」の形におさめないのです。欠点や短所と言われるようなこともその子の個性として受け入れ、直すことに力を入れるのではなく、その子の良さに目を向けてくれ、短所と思われるところも長所に変えてくれるところが本当にありがたい存在だと思っています。

例えばこの子の場合、みんなと同じことができない時に、人とは違う表現力があると褒めてもらえたり、感情を切り替えできないことを、感受性が豊かだと認めてもらえたり、親でもハッとするような発想の転換をしてくれるのでマナ先生の対応から学ぶことも多く、自分の対応も見直さないと思うことが多々ありました。

チャレンジを恐れなくなった精神力がいちばんの成長

それに前は、本人も周りの子どもたちと比べ、自分ができないことを落ち込んでいたのですが、今では私はここはできないけれど、こっちができるもんね。と自分の長所を理解してきている姿を見受けられることがあります。自分を認めてもらい自信がついて来たのか、様々なことに挑戦するチャレンジ力がついたことが1番の成長かもしれません。何か新しいことに挑戦して失敗した時に、前だったら泣いてもうやらないと癇癪を起こしていたのが、今では「チャレンジしたことがえらいよね?」と自分で言って来るようになりました。
レッスン中のイングリッシュタイムでもできなかった時に、前だったら泣いてわたしの元に来ていたのが、今では来週はこういう風に言おうと自分なりに準備している姿を見ると精神力がたくましくなったな。と感じます。このチャレンジ力に関しては確実に英語キッズチアスクールで成長させてもらったと思っています。それに、人生、失敗なんていくらでもしていいと思うのです。それより大切なことはその失敗で何を学ぶかであり、その失敗を生かすことだと思います。5歳の娘を見ていると、失敗を恐れず果敢にチャレンジする姿にも、そして失敗してもまた頑張ろうとする姿からもハッとさせられることがあり、この大切な幼児期に英語キッズチアスクールと出会えて良かったなと思っています。

さらには英語キッズチアスクールでたくさんの外国人先生や英語を喋る先生たちとフランクにコミュニケーションを取っているからか、電車の中で外国人を見つけると娘の方から「Hi!!」としゃべりかけに行ってしまうようになったのです。 親としてハラハラドキドキなのですが、伝わらなくても諦めずにコミュニケーションを取ろうとする姿は、自分が小さい頃だったら絶対にできないと思うので、ある意味すごいな。と自分の娘ながら感嘆してしまいます。そして、英語が好きなんだな。と感じるので、そこの部分は伸ばしてあげたいと、娘の好きなことを見つけてあげられたことも良かったことの一つです。今では私も英語の勉強をし直そうかなと娘から刺激をもらっているほどです。笑

広い視野で子育てを

日本の教育はどうしても底上げ教育ですよね。なるべく全てを均等的に抑える教育。だから悪いところを見つけるとそこを直そうと力を入れる感じがしますが、英語キッズチアスクールの教育は先生たちがみんな海外にいた経験があるからか、得意なことを伸ばす環境やシステムが整っていると感じます。「ダメ」「ここを直して」って言うのは簡単ですが、それを言われると親も落第点をもらっているように感じることがあり、子育てが不安になってしまうのです。しかし、娘のここは他の人とは違うと評価し、承認してくれる人が一人でもいることが、娘の可能性や新しい引き出しを見つけ伸ばすことにも繋がるので、本当にありがたい環境です。
今は時代も環境も大きく変化していて、昔なかった仕事が成り立っていたり、私たちの時代ではなかったような能力が必要とされていたり… だからこそ自分だけの視野で子育てをするのではなく、グローバルな世界を知っている人や違う観点からの意見を加えて一緒に子育てしていけたら、子どもも伸び伸び育つのではないかと思っています。

 


スポーツを通じて英語を学ぶ英語キッズチアスクール
https://globalathlete.jp/english-kidscheer/

自由が丘校
勝どき校
吉祥寺校
四ツ谷校
池袋校
喜多見校
横浜校
新高円寺校
国立校


子ども成長ストーリー

gap staff • 2019-07-31


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *