中野遼太郎オフィシャルブログ

中野遼太郎オフィシャルブログ
1

クオリティ


vs Ventspils

0-1 敗戦。

出場もありませんでした。

これでリーグ戦は3連敗です。俺の出番がなくなったと同時に3連敗です。

チームとしても個人としても難しい時期なのは間違いないんですが、不思議と気持ちは落ちていないです。

いや落ちてないことはないんだけど、腐るとか怒るとか萎えるとか、そういう悶々としたものではない。自分の質を知っているから、いまは落ち着いて待っている、そんな心境です。

ここで何を見て、何を考えて、どう行動するかで、未来が大きく変わると思います。

ーーーーーーー

少し昔の話をしますね。

大学の時にも試合に全く絡めない時期があったんです。

当時の俺はそれが本当に悔しくて悔しくて堪らなくて、あの時の気持ちや状況、どういう扱いでいつメンバー外にされて、誰が何を俺に言って、自分がその都度どう行動に移したか、そういうことを今でもかなり細かく覚えています。

文字にするとすごい執着ですね(笑)

周りからしたら1人の大学生の話だけど、俺は自分の未来が丸ごと奪われていくような感覚があったんです。本当に苦しくてどうして良いのか分からない、眠れない、そういう毎日でした。

自分のなかに反省はたくさんあるし、間違いもたくさんあったと思ってます。けど、今振り返ってもあれは自分のコントロール出来る範囲を超えていた。周りのなにかを何かを変えようとするんじゃなくて、自分をもっと深く信じてあげれば良かった。

ただ、いまでも俺は、あのときの自分の態度、何を考えてどういう姿勢で練習に取り組んでいたか、そういうことを誇りに思っています。正解にはならなかったけど、誇りに思ってます。

毎日否定されて、頭おかしくなりそうになりながら、でも「俺はきっと大丈夫」って練習して、否定されて、練習して。

でも最後は自分を信じられたから、サッカーを続けることを選べたと思うし、「俺は大丈夫」って証明したくてヨーロッパに行くことを決意しました。

ーーーーーーーー

それで、やっと、今です。

時間をかけて、自分の価値を、もう一度自分に認めさせてきたわけだから。

これくらいでは折れません。

あの頃に比べたら、サッカーは仕事になって、支えてくれた人は奥さんになって、変わらずに応援してくれる人がいて、もうホントなにも言うことはない。

あとは慌てず、他人も自分も責めることなく、いつか来る自分の出番を待つだけです。

ちなみに心の友であるディアロは

「NAKA!なんで監督はお前を使わねーんだ!お前まさか監督の娘とヤッちまったか?がはははは!」

っていう最高に下品な励まし方をしてくれます。ありがとう。そしてさようなら。

明後日にはカップ戦が控えてます。

いつ来ても大丈夫。準備してますよ!

おやすみなさい。


ryotaro nakano • 2016-04-26


Previous Post

Next Post

Comments

  1. shu 2016-04-27 - 9:21 AM Reply

    これを不幸中の幸いという。
    監督の采配=遼太郎外しで、3連敗ならファンからそろそろ非難の声が起こるのでは?
    本田と同じだねー。
    大学時代の経験あるから跳ね返せるな!

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *